常時リソース不足RX

ヲタクである限り、何度でもよみがえる! べ(一文字・センセイ)の日々是ヲタ生活

昔は送り手が視聴者の子供を舐めていなかった

辻 真先氏のサイト(Click!)
アニメ創生期の頃から脚本家として名を馳せている辻 真先氏のサイト。齢72歳だそうだが、

>「でもこのトシになってアニメの発注を受けられるのは、
 正直いって嬉しいッす。」

と言う言葉に感銘を受けないはずがない。

まぁそれ以上に、この年でコミックの「プラネテス」「PLUTO」「恋風」はおろか、ノベルズとは言え「空の境界」「魔法少女りすか」「マルドウック・スクランブル」まで読んでいるのですか…。しかもその上「リスカ」「マルドゥック」については

>「ああ、アニメ脚本化したい。」

と非常に頼もしい台詞。まだまだ御健勝な様で、これからも頑張って頂きたい。


と、70超えて「空の境界」読破したじーさんの紹介をしたかったわけではない。自分が氏の名前を始めて知ったのは、昔読んだ『別冊宝島293 このアニメがすごい!』内の一章「あの時代、子供番組は毎日がエヴァンゲリオンだった!」(執筆:赤星政尚)内で、60年代、70年代アニメの「トラウマ必至」な話を書く脚本家として書かれていたからである。

 劇中人物に突きつけられる現実が、時に度を越えて厳しく、
 たとえるならギリギリの危険球。だもんで、
 「そんなヒドいコトを…」と思っちゃう話が少なくない。
(上記『別冊宝島293 このアニメがすごい!』より 執筆:赤星政尚)


農民をとんちで救えない「一休さん」、妖怪と人間の隔たりを「バケモノ」の一言であらわした「ドロロンえん魔くん」を「子供番組的欺瞞に背を向け」たとして紹介し、正体が知られた主人公の記憶を周囲の人間から消してしまい(!)旅立たざるをえない状況にしてしまう「魔法使いチャッピー」最終回をして「トラウマ必至の毎日がエヴァンゲリオン状態」と締めくくっています。(本の発刊時期が空前のエヴァブーム真っ最中だったからなぁ…)
まぁこれも

 当時の送り手がとんちや魔法なんかじゃ解決できない
 現実があるという事実を認識しており、かつ人間の残酷性を
 きっちり提示してくれていたからこそなのだ。
 それはまぁ、ファンタジーの教科書がもしあれば絶対に書いてある
 コトなんだけど、ディズニー見せときゃ一安心なイマドキの
 お母さんたちからはきっとフタされちゃうんだよね。この種の
 臭いモノは。
 (上記『別冊宝島293 このアニメがすごい!』より 執筆:赤星政尚)


と締めくくっております。

センセイ自身も、再放送の「ノンマルトの使者」「怪獣使いと少年」である意味人生間違えたクチだからなぁ…

まぁ何が言いたいかってぇと、辻真先氏は昔からきっちりと判った上で話を作っていた脚本家の人だったってコト。
と、昔はあったトラウマだらけのお話もある意味必要悪だったよなぁってコト。グデグデでごめんなさい。

 
トラウマで思い出したが、昔「ガメラ3」の映画を見る時に無理やり連れて行った(勿論自分が見たかったからサ!)我が愚弟&フレンズの計3人の中で、エロチシズム全開の「イリスに取り込まれる比良坂綾奈(as前田愛)」に感銘を受けて性癖変わった奴がいたら、それは映画に連れて行ったセンセイの責任だよなぁ。

月は東に日は西に トレーディングフィギュアコレクション

BOX


同じようについカッとなってやってしまった…訳ではない。
この2つを同時に購入する人は流石にあんまり居ないだろうて(笑)。

1


てな訳でTECHGIAN(通称:剛田)でフィギュア関係の連載記事があったことでも、MAX FACTORY原型製作でも、夏WFで
公開されていたことでも、非常に期待していたトレーディングフィギュアです。

最近のギャル系ブツはかなーり粗製濫造が多いので、製品の落差が大きいのですが、今回は値段分の完成度をキチン提供できたのではないかと。
プレビュー版のファンBOOKよりも全体的な完成度はアップしてると言えるのでは。ハイ。

全キャラ紹介は↓こちら
月は東に日は西に

まぁメジャータイトルだし、上記のように期待度・注目度共高かったわけだから他のサイト様でもたくさん紹介されているけど、秋葉原祖父では既にBOXが売切になっていて結構焦ったですよ。じっくり他の店巡ればまだまだ余裕はあったし、ガチャ売りもしていたわけだけど。

で、一応お約束。

mikoto

honami



matsuri




S.I.C. 匠魂vol4

sic4









仕事が早上がりだったのでついカッとなってやってしまった。
まあそれだけが理由ではないが。

sic3


カラー版のみだが写真はここ↓をクリック!
           匠魂vol4

























vol2の仮面ライダー登場以降、とんがった現代的アレンジではなく、よりヒーローをカッコよく見せると言う感じのスタイルに移っているのはSIC同様。それでもメジャーヒーローがあると心踊るし、今回のストロンガーの「劇中の1シーン」風の作品は非常に燃えるものがあるし、場面選択も見事。前回(vol3)のV3もベースがライダーマン&触手で劇中1シーンを彷彿とさせるポージングが良かった。驚愕の塗り訳も相変わらず。

ただそれだけに、ホワイトカラーバージョンはこれまでのメタルカラー以上に「・・・うーん。」何ですよねぇ。

だからこそこのシリーズは、フルカラー版の完成度をこれまで以上で維持していただきたい所。

次のライダーはやり「アマゾン」&ジャングラーか、VS十面鬼か?
普通に考えるとこうなんだろうけど。
昔のホビージャパンのSIC連載にあった「X」の、潜水服みたいなカイゾーグでもいいかも。

応援CHU!
9-nine-ここのつここのかここのいろ
 
 
9-nine-ここのつここのかここのいろ
 
 
9-nine-ここのつここのかここのいろ
 
 
「天結いキャッスルマイスター」応援中!
 
 
「天結いキャッスルマイスター」応援中!
  
 
こいのす☆イチャコライズ
 
 
こいのす☆イチャコライズ
 
 
こいのす☆イチャコライズ
 
 
 

それでも、わたしは。トリノライン

 
あーまーぞーん
連絡はコチラ
過去ログ
カテゴリ
無料レンタル       AX
あーまーぞぉーん
【DMM予約】ロケットボーイ  スリングショっ娘
【DMM予約】ロケットボーイ
 スリングショっ娘
~6/12 19時まで

 
 
【DMM予約】ネイティブ   花咲まりか
【DMM予約】ネイティブ
 花咲まりか 
~5/19 19時まで

 
 
【DMM予約】セカンドアックス 鴻 愛莉衣(おおとり えりい)
【DMM予約】セカンドアックス
 鴻 愛莉衣(おおとりえりい)
~5/1 19時まで

 
 
 
サキュバステードライフ5
サキュバステードライフ5

 
 
Re:LieF 〜親愛なるあなたへ〜
Re:LieF 〜親愛なるあなたへ〜
 
 
 
 
 
 
真剣で私に恋しなさい!A-5 ダウンロード販売


ef - the first tale.
ef - the first tale.



ef - the latter tale.
ef - the latter tale.


 
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)