本日はチャッチャと。
 
最近妙に忙しいので、まぁいつものようにファンネる(動詞)を派遣しての査収と相成った(いつもいつもスマンねぇ、この借りはいずれそのうち、精神的に)のですが、その際の台詞が「これで良いの・・・? 以前も買わなかったっけ・・・?」でした。
 
い い ん で す
 
で、本日は最近異様に忙しそうな関西の物欲王「foo-bar-baz」スパ閣下オメデトウゴザイマス!! と言う事でヒトツ。まぁ正直言うとこの人なら『撮影用』『観賞用』『保存用』と3つくらい買っていそうだなと思っても口に出さないのがオトナのマナーと言うものです(イロイロと台無しです)。
 
アルター 『魔想 志津香』 (ランスⅥ -ゼス崩壊-) (Amazon)
 
28a47911.jpg


824c9e84.jpg

1aa57e76.jpg
0cde1904.jpg

984bd591.jpg

a7e1eb68.jpg

 
 
 
 
 
5347558a.jpg

baf3bdef.jpg

fad6fff5.jpg

43fb4df3.jpg

b442a0bc.jpg

81cd15e0.jpg

19035a73.jpg

26b8a139.jpg

dbe61211.jpg

2e6cd022.jpg

9a7f0375.jpg

 
 
 
 
 
 
原型製作は商業原型チーム「新居興業」の絵里子氏。手にするのは初めてだと思う。
原作はもはや言うまでも無いと思うんですが、えろげ市場に於いて燦然と輝く金字塔Ranceシリーズ、その「2」から登場している根強い人気を誇るキャラで、「戦国ランス」でも拡張シナリオファイルの適用で使用できるようになります。まぁ詳しい解説はスパ閣下の所にGO!だ!
なまじ歴史が有り過ぎる為かこれがPVC商業完成品としては二回目の立体化、しかもその最初の一回はボークス製一般店舗では販売せずにWebまたはボークス店頭での予約受付による完全受注製、予定数満了時点で予約終了と言う極悪非道極まりない販売方法のみでの頒布となってました。よって一般流通に乗るPVC完成品としては“初”の筈です。目出度い目出度い。
 
ポーズは振り向き様の一瞬を切り取った状態ですが、円形を描くように綺麗になびいたロングヘアーとマントがただの素立ちには無い緊張感を醸し出しており、キツめの表情と併せてタダモノでなさまで立体化されているよう。やたらとボディにフィットした非常にえろげチックな衣装は、後ろからはお尻の形が、前面はお臍の形がはっきりと判ると言うえろげ衣装としては絶妙の按配です。
そして裾の短い衣装からすらりと伸びる太ももが意外とムチムチでヨロシイ感じ。
各所各所の出来は安心のアルター準拠なのでマントのなびき一つや髪の房の分割からしてよくよく見ると「・・・ほう」と思ってしまう造型。交差したり先端部が微妙に形状変わっていたりね。
何よりこのツンツンしたキツイ眼つき、うむ、まそーさんだ。
 
 
45edebe7.jpg

7aa5d7d9.jpg

 
 
 
細かい所ですが魔法使いの帽子は着脱可能。磁石が内蔵されているのですっぽりと収まります。まぁその磁石の所為か、同梱していた説明書に「磁石だからPCの近くとかに置くなよコノヤロウ」見たいな事が書かれていて笑った。やっぱこのくらいの古典キャラになるとPC近くに置きたくなるわな。 
しっかし・・・魔想志津香が始めてPC画面に登場してからジャスト20年後(初出は「ランス2」(1990年5月発売))、こんなハイレベルの立体化で発売されるとは誰も予想しなかったに違いない
 
 
そんな古典えろげキャラの立体化ではありますが、脱 が せ る 事 は 出 来 ま せ ん で し た
コラ誰だ、古典えろげキャラなのに潔くないとか言っているヒトは。まそーさんはそんなの無くても、
 
b9a814b0.jpg

d78259a6.jpg

e3721c0e.jpg

fe061f42.jpg

 
 
 
 
裾の短いえろげ衣装から垣間見えるグリーンのシャドウが吹かれたパンツが有るのですからっ!
 
と言う訳でまそーさん、最近のアルター製品にしては非常に珍しく延期されずに店頭に並んだのですが、これはやはり魔想志津香が始めてPC画面に登場してからジャスト20年後である5月中に発売すると言う確固たる意志があったからでは無いか、と敢えて言って見ます。相当なえろげヲタが居るな、アルターに。
 
まぁセンセイとしてはネンイチで赤星のホームラン位の割合で濃いぃえろげキャラの立体化を出して頂ければ満足なんですけどね。