そうか、牛皿を持ち帰りにして冷凍保存すると言う手があったか…(挨拶)。 
 
すき家
  
 
でもまぁ頑張っている方だと思いますよ!
直ココまでしていますが未だに手を出していない(未プレイ)なのはもはや意地とかを越えた矜持になりつつあるセンセイですハッハッハ。
 
そんな訳で本日も原作未プレイからの査収物です。
 
 
キューズQ 『愛宕』(艦隊これくしょん) (Amazon) 
 
QUESQ_ATAGO_26
 
QUESQ_ATAGO_01
 
QUESQ_ATAGO_02
 
QUESQ_ATAGO_03
 
QUESQ_ATAGO_04
 
QUESQ_ATAGO_05
 
QUESQ_ATAGO_06
 
QUESQ_ATAGO_07
 
 
 
QUESQ_ATAGO_08
 
QUESQ_ATAGO_09
 
QUESQ_ATAGO_10
 
QUESQ_ATAGO_11
 
QUESQ_ATAGO_12
 
QUESQ_ATAGO_13
 
QUESQ_ATAGO_14
 
QUESQ_ATAGO_15
 
QUESQ_ATAGO_16
 
QUESQ_ATAGO_17
 
QUESQ_ATAGO_18
 
QUESQ_ATAGO_30
 
QUESQ_ATAGO_26
 
 
QUESQ_ATAGO_28
 
 
原型製作はNoin/松宮誠一の両氏がクレジットされています。彩色はキューズQのei氏。
原作の「艦これ」に関してはもう説明不要なので敢えて語らないと言うか、未プレイなんですが概要とキャラ名が把握できる辺りでムーブメントの広がりが伺えようと言うモノ。そんな中その見事な胸部装甲の為にお目にかかる機会がものっそ多いぱんぱかぱーんな艦娘さんの愛宕が今回の原作です。大艦巨乳主義」タグの5割近くは愛宕が占めているってホンマかい。丁度一年ほど前にAGP版愛宕が出て以来の完成品立体化ですな。
それでもスケールでは初の立体化で、三門装備した連装砲がだいぶコンパクトにアレンジされているのが今回の商品のポイントかと。
スケールならではの全体の艶姿っぷりな造形が目につきますが、肌色露出が殆ど無いにもかかわらずこの色気っぷり、まぁその原因は
 
QUESQ_ATAGO_19
 
QUESQ_ATAGO_20
 
QUESQ_ATAGO_21
 
QUESQ_ATAGO_22
 
QUESQ_ATAGO_23
 
QUESQ_ATAGO_24
 
QUESQ_ATAGO_25
 
 
圧倒的な質量を誇るぱんぱかぱーんな ロ ケ ッ ト お っ ぱ い がその全ての要因です本当にありがとうございます。
先端部が微妙に造型されているのも実にヨロシイ。谷間部分のシワ具合とかもこだわり抜かれているなぁと大きく肯かずにはいられない仕様です。あ、乳袋警察はご遠慮ください
 
QUESQ_ATAGO_27
 
QUESQ_ATAGO_28
 
QUESQ_ATAGO_29
 
正面から見た時にぽやぽやーんとした表情しているのもヨロシイです。原画担当のみことあけみっぽい線を拾っているなぁと思うのはエロゲ脳だからですかね。
 
ちなみにこの状態で完全固定なので装甲を外したりとかは出来ません
残念でしたキャストオフ大好き「FiRSTRoN」Faxiaにーさんっ
 
と言う訳で
 
QUESQ_ATAGO_30
 
 
大きく開いたスカートの裾から覗く中をチラリと。ちなみにこのストッキングの下は中破グラフィックによるとはいてないだそうで…。
あとフトモモの艦載機はガーターベルトの金具なんだーと高雄を見て始めて知りました。
 
 
と言う訳でキューズQの愛宕(AA) でした。
しかし、タイミング併せてグッスマからも 出す(AA) ってタイミング的に良いのか悪いのか。まぁ元々この
キューズQ版 は1月発売予定が→2月→3月とエロゲみたいな延期を繰り返して発売と相成った訳なんですが。延期には慣れているけどこうやって立体アイテムが被る事には慣れていないから笑った笑った。
でも買いました。そんな芸風ですんで。


……予約金1Kには触れてやらない事です。