THE 地雷エロゲー(AA)、査収。  
 
地雷エロゲー
  
 
掲載された42タイトルの内10本前後のプレイ経験に留まっているのでまだまだ甘チャンですなと感じた次第。
しかし、掲載されている未プレイえろげでも多少なりとも周辺情報を知ってしまっているので、実感を持って大きくうなずいたり遠い目をしてしまう読み応え抜群のエロゲ暗黒史でした。
収録タイトルの秀逸さも憎い所で、三大電波ゲーギガパッチ辺りを押さえているのは流石だなぁ、と。『斜め上の地雷はメーカーによる確信犯』と言い切ってる第4章にマブラヴに鬼うた。とかメジャー所をカッチリ押さえた上でその後の顛末までフォローしている一冊です、おススメ。
しかし2016年にもなってもとぬき師匠以外の所で超空間『奴隷(オベイ)』についての話が読めるとは思わなかった
 
 
んで、だ。
センセイの出立点がこの辺りのエロゲ界隈なので、この界隈経由の作品については無意識化で優先順位を上げているのはまぁしょうがないと言う事はそろそろ皆様判って頂けているんじゃないかと思いますが、今回もそう言うブツです。
 
 
アクアマリン 『加藤恵 水着style』(冴えない彼女の育てかた) (Amazon) 
 
AQUA_KATOMEGUMI_08
 
AQUA_KATOMEGUMI_01
 
AQUA_KATOMEGUMI_02
 
AQUA_KATOMEGUMI_03
 
AQUA_KATOMEGUMI_04
 
AQUA_KATOMEGUMI_05
 
AQUA_KATOMEGUMI_06
 
AQUA_KATOMEGUMI_07
 
 
 
 
AQUA_KATOMEGUMI_08
 
AQUA_KATOMEGUMI_09
 
AQUA_KATOMEGUMI_10
 
AQUA_KATOMEGUMI_11
 
AQUA_KATOMEGUMI_12
 
AQUA_KATOMEGUMI_13
 
AQUA_KATOMEGUMI_14
 
AQUA_KATOMEGUMI_15
 
AQUA_KATOMEGUMI_16
 
AQUA_KATOMEGUMI_17
 
AQUA_KATOMEGUMI_18
 
AQUA_KATOMEGUMI_22
 
AQUA_KATOMEGUMI_19
 
AQUA_KATOMEGUMI_20
 
AQUA_KATOMEGUMI_21
 
AQUA_KATOMEGUMI_23
 
原型製作はイクリエ。住所にモノスゴ既視感ありまくりでしたが、あーあーあ蔵前橋通りの『めん屋いなば』のビルか。
原作はアニメ二期も待たれる、以前より絵師シナリオライターが以下略なのでセンセイ内ではえろげ関係にカテゴライズしている『冴えない彼女の育てかた』フラット系メインヒロイン娘の加藤恵等身大で立体化された娘でもあります。
ちな作者の丸戸史明のサークル『N-010』「ノンマルト」と読むからな!?(特撮ヲタとしての矜持)
 
んでグッスマ着替え中シリーズ以外からの立体化で、原作最新10巻(AA)口絵でも披露した意外と大胆なビキニ姿ですが、コレがまぁモノスゴい性的な仕上りになっています。たわわチャレンジも出来そうなくらいに豊かなお胸、 きゅっと絞られたくびれ部分から広がる腰骨付近のラインに続く良い形のお尻、さり気無く造型された肩甲骨が見える背中と面積少なめビキニの恩恵を存分に活かしたエロースな仕上りになっております。
そんな中でも加藤ちゃんを加藤ちゃんたらしめている変化に乏しいフラットな表情が正に加藤ちゃん。頬の赤みが若干強めなのが大胆なビキニとのバランスを取られています。
 
AQUA_KATOMEGUMI_11
 
AQUA_KATOMEGUMI_12
 
うん、素晴らしきたわわ具合ですがこの立体に関して言えば、
 
AQUA_KATOMEGUMI_13
 
AQUA_KATOMEGUMI_15
 
AQUA_KATOMEGUMI_17
 
 
お尻が実に眼福な出来に仕上がっているのがポイントだと思います。右手が股の間に入れられていて、後ろから見た際に指が覗いたり股間のデルタゾーンが作られているのにも注目です。
 
 
と言う訳で水着版フラット加藤ちゃん(AA)の立体化でした。加藤ちゃんの立体と言えば、 グッスマ着替え中シリーズからも出る(AA)ので、コチラは10/26現在予約可能なのでさぁ吶喊すべしさぁさぁさぁさぁ!