前回と出だしが同じですが、このラインナップからさらにペンギンパレード魔弾エレンは12月に延期になりました( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
11月発売予定の最終巻同時発売の画集共々12月に延期揃い踏みしてトンデモねー結末飾るんじゃねーかなーと要らぬ野次馬根性が湧き出てくるのを誰が止められよう。
 
つーか今年に入ってから査収するアイテムアイテム軒並み延期しまくってるのどうにかなりませんかねホンマ。
 

アルター 『春日野 穹 -Bunny Style-』 16年12月→17年5月


グッドスマイルカンパニー 『加藤恵』 5月→6月


スカイチューブ 『双葉 あやか illustration by saitom』 5月→6月→7月


ウィング 『沙耶』 7月→8月


スカイチューブ 『弥生・B・ルートウィッジ』 8月→9月→10月



いくらエロゲ関係ばっか査収しているからって延期までひところのエロゲちっくにならんでもエエやんとセンセイならずとも思うであろう延期っぷり。おまけに通販限定のAMAKUNIまどほむとかネイティブとかも申込締切時の発売予定日からビミョーに延期しているのばっかだからね。
 
ちな今年の延期フィギュア大賞は、7月発売予定が来年初頭まで伸びた加藤ちゃん和服発送まで行った後注文取り違え発覚で全回収&延期のクレリックの一騎打ちだと思うのですが、これ以上の ネタ 延期は止めて欲しいと思う次第ですホンマに。
 
 
そんな訳で本日のブツもそんな延期モノ。前述の加藤ちゃん和服が延期した余波でシリーズ第一弾出荷と相成りました。 
 
アニプレックス 『澤村・スペンサー・英梨々 和服ver.』(冴えない彼女の育てかた) (Amazonマケプレ)
 
Eriri_WAHOO_05
 
Eriri_WAHOO_01
 
Eriri_WAHOO_02
 
Eriri_WAHOO_03
 
Eriri_WAHOO_04
 
 
 
 
Eriri_WAHOO_06
 
Eriri_WAHOO_07
 
Eriri_WAHOO_08
 
Eriri_WAHOO_09
 
Eriri_WAHOO_10
 
Eriri_WAHOO_11
 
Eriri_WAHOO_12
 
Eriri_WAHOO_13
 
Eriri_WAHOO_14
 
Eriri_WAHOO_15
 
Eriri_WAHOO_17
 
Eriri_WAHOO_16
 
Eriri_WAHOO_18
 
Eriri_WAHOO_19
 
Eriri_WAHOO_20
 
Eriri_WAHOO_21
 
Eriri_WAHOO_22
 
Eriri_WAHOO_23
 
Eriri_WAHOO_24
 
Eriri_WAHOO_25
 
Eriri_WAHOO_26
 
 
原型制作はデザインココ、頭部原型制作にリボルブ 、彩色制作・製作協力に株式会社エムアイシーがクレジットされています。そうか3D環境だとこんなマスプロダクトモデル体制でワンオフの原型を作る事も出来るんだ……。
原作は先日堂々完結した、以前より絵師シナリオライターが以下略なのでえろげ関係にカテゴライズしている『冴えない彼女の育てかた』ツインテール金髪碧眼ツンデレ(エセ)幼馴染ヒロインの澤村・スペンサー・英梨々ンゴ。主役張ったスピンオフは早々に完結しているけど全三巻だから読みやすかったです。ちな作者の丸戸史明のサークル『N-010』「ノンマルト」と読むからな!?(特ヲタとしての矜持)
 
んでその英梨々ンゴが「京まふ2016」にて描き下ろされた花魁の詩羽先輩色打ち掛けの加藤ちゃんと並んだ新和装、英梨々ンゴの金髪ツインテールが映える"ハイカラ"和服姿が立体化されたのが今回の商品、イラストのまんま立体化・プリント塗装されているそのデザインは言葉はいらないとにかく見ろと言わんばかりの高精細な出来、カラフルな花模様も帯の金刺繍も本当に立体かと思うような印刷具合で、完成品美少女フィギュアもココまで来たか…、と思いを馳せる逸品でした。
ちな花魁色打ち掛けではなく和服なのは、やはり英梨々ンゴが貧乳だからですかね
アイプリも精度高く深崎絵っぽい光彩ですが、今回前髪パーツがチョッと粗めだったのが気にかかりました。コレまでなら気にしなかったんですが最近延期延期で塩対応がちになっておりましてね…。
 
 
と言う訳でアニプレ+限定の英梨々ンゴ和服verでした。延期したんだから詩羽先輩加藤ちゃんはこれ以上のモノをきちんと出してくれよと祈るばかり。 
 
 
 
んで今回ハッと思った点が一つ。
 
Eriri_WAHOO_12
 
 
襟部分の衣紋(えもん)を抜いている状態がきちんと造型されていることです。
 
まぁ何故ココに注目したかと言うと、老害の昔語りになるんですが、その昔ヲタを狂わせていた12人の妹に囲まれるシスタープリンセスRePureと言うのがありまして、12人の妹の詳細については各々ググって頂いて悶え苦しむなり萌え転がるなりして頂くとして、その中で平松禎史作監コンテ演出回がありまして、大和撫子妹「春歌」回にて浴衣を着る際の作画と言うか演出が凄くて、この衣紋を抜く「一旦締めてから襟を緩める」動作を恐らくアニメで初めて描かれているんです。
 
詳細はにっち㌧の当時の過去ログ(2002年11月28日)を読んで頂ければ(丸投げ)。うなじうなじ言ってるにっちトンの気持ちと思いが良く判ろうと言うモノです。
 
 
つーわけで襟が緩んでる和服フィギュアの造型にはついぞお目にかかれなかったもので、春歌の「…ぽっ」と一緒に思い出してしまったので丸投げを以ってオチとさせて頂きます
今回アタマと後ろを完全に老害語りで埋めたなオイ!